おせちに全国一律の考え方はない

おせち料理は、そのまま食事を出すというわけではなく重箱などを利用してその重箱に素材や料理を詰めていくという方式を採用しています。

なぜこういった方式を採用するのかと言うと、それぞれの素材や料理に込められている意味が全く異なっているからにほかなりません。

例えば、数の子はおせち料理で利用する人は非常に多いですが、この数の子には子孫繁栄を願うという意味が存在します。

多くの地域でこういった素材や食材に対して意味が込められているわけです。実際におせち料理に関しては、地域ごとで重箱に詰める素材が全く異なっている傾向があり、全国一律でどういったものが利用されるのかという決まりは存在しません。

あくまでもその地域のルールやしきたり従って料理が作られていきますので、そのルールに従って作っていくのが大きな特徴であると言えます。

元々、おせち料理はお正月のお祝い事として提供されていたものではなく、収穫物などに対する感謝の意味を込めて作られていたものです。

現代型のおせち料理に変化したのも江戸時代に入ってからであり、現代型の歴史は実はそれほど長いというわけではありません。

現代型の方法が主流となったのは、江戸時代にこう言ったお正月にお祝い事をするという考え方が広まったからです。そのため、必ずこうしなくてはいけないと言った全国一律の考え方がないわけです。

大切なことは感謝の意味を込めてその料理を作っていくということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です