img_01

ひじ下の脱毛について

肌が露出する季節になると、どんな服装でも必ず露出してしまう部位と言うものはあります。


その中の代表的な部位のひとつが肘周辺であり、半そでを身に着けているとどうしても露出してしまう場所になっています。

そのため夏場は脇と同様にひじ下も無駄毛の手入れに気をつけなくてはいけなくなるため、脱毛サロンや美容クリニックでもひじ下の脱毛が注目を集める時期となっています。

ひじ下を中心とした部位は自己処理することもできますが、黒ずみや傷などができてしまうと審美性を低下させることにもつながるため、サロンやクリニックで綺麗に脱毛したいという人も多いようです。

ひじ下の脱毛に関しては範囲としては肘から手首にかけての範囲となっており、比較的範囲が広めとなっています。

ですが、腕自体そこまで範囲として広いというわけではないので料金自体は安価となりやすく、気軽に利用できる部位のひとつとなっています。

また、部分的に施行することができる以外にも、サロンによってはカスタマイズコースとして組み込むことや全身的に施行することも可能となっているので、色々な方法で施行することができるようになっているようです。
サロンの中にはひじ下の脱毛を得意としているところもあり、そういうところで利用するとキャンペーンなどでさらに安価で利用することができるというメリットを持っています。

そのため、どこでも安価で出来ると安心する前に、料金などを比較検討するとより安価に利用することができます。

自宅で自分でカミソリやワックス等を使用し、脱毛を行っている人は多いかと思います。


しかし、間違った脱毛法で脱毛を続けていると、埋没毛というものになってしまう危険性があります。
埋没毛とは、カミソリやレーザーなどでムダ毛処理を行った後に生じることがある、皮膚の中で毛が発育して丸まってしまう現象のことを指します。

この埋没毛は黒い斑点状になって目立つため、無理に皮膚から出そうとする方もいますが、その際ピンセットやカッターナイフなどで脇の皮膚を傷つけてしまい、傷口が目立ったりまれに色素沈着がおきたりして、かえって脇の黒ずみの原因にもなるようです。


埋没毛がおきる原因は何点かあるといわれています。



まず、適切なムダ毛処理が行えていない場合です。


自宅で手抜きのムダ毛処理を行うことにより、皮膚が傷つき毛穴がふさがってしまい、新しく発育した毛が生えずに皮膚の中に埋まってしまうようです。

次に、ムダ毛処理後のお手入れを怠っている場合です。


きちんと保湿ケアなどをして皮膚をいたわっていないと、埋没毛はどんどんひどくなっていきます。
これらの現象を防ぐために一番簡単なことは、やはり美容の専門店へ行って脱毛をしてもらうことでしょう。
適切な方法で処理を行いさえすれば、黒いボツボツに悩むこともないのです。

それが不可能であれば、自宅でのムダ毛処理の後に必ずセルフケアを怠らないようにしましょう。

お金をかけなくても、小さな心がけで防ぐことが出来ます。
脱毛ケアと言えば女性が行うものと思われがちですが、男性でも毛深い身体に悩んでいる人は数多く存在します。

特に男性の場合は女性よりも毛が濃くなる傾向が強く、脇毛や腕毛だけでなく、胸毛や背中の毛、ヒゲなど特有の毛が生えやすくなっています。
そのため季節の変わり目などには、ある意味女性以上の気配りが必要になります。

男性には大きく分けて、顔面、ボディの脱毛があります。



顔面では主にヒゲ、もみあげなど、男性ならではの部位を処理してもらうことになります。

特にヒゲは男性の悩み上位としてランクインしています。

新宿の脱毛の詳細はこちらで簡単に調べられます。

カミソリで自己処理している人もいるようですが、肌荒れや出血、怪我などデメリットの方が確実に多いです。

しかしヒゲ脱毛を行うと、普段の生活でヒゲ剃りをする必要がほとんどなくなります。

ボディ脱毛は主に腕や足、見えにくいところでは脇や胸部などの毛を処理します。こちらではどの部位の毛を取り除きたいか、あらかじめ決めておくことになります。

例えば足ならば太ももから膝にかけて毛を抜きたいのか、それとも膝からくるぶしにかけて抜きたいのか、と言った感じです。


もちろん全身の処理も依頼できますが、そうなると料金が割高になります。
とりあえず気になる場所だけ処理してもらった方が、時間的にも経済的にも低リスクです。あまりにも毛深い場合は永久脱毛を勧められるときもあります、成功すると毛が半永久的に生えてこないため気になる人は調べてみるといいでしょう。
医療脱毛のような高出力レーザーによる治療なら、同時に嫌な汗の匂いまで抑えることができるので便利です。
なぜなら、毛根の周りにはアポクリン汗腺やエクリン汗腺と呼ばれる汗の出る場所があるからであって、高出力レーザーなら毛根を破壊するついでにそういった組織も壊すことができるからです。

一度壊れてしまった汗腺はもう再生しないのは毛根の場合と同じなので、脱毛をすることによって汗の匂いを抑えられるのでまさに一石二鳥です。

わきが治療や多汗症治療にも脱毛と同じタイプのレーザーが使われるのはこのためで、これら二つの治療には実はあまり違いがないのです。
どちらもレーザーの力によって、組織を破壊して再生しないようにするのです。
ただ、こういった便利なことができるのはしっかりとした黒い毛が生えている部分のみです。


産毛には基本的にはレーザー器具が意味を成しませんから、他の方法で治療を進めていく必要があり、その場合には汗の匂いを抑えるような汗腺の破壊はできないこともあります。

女性ならエチケットとして汗の匂いは防止しておきたいでしょうから、毎日制汗スプレーを持って歩かなくてもいいようにこうした治療を受けておくのが最善です。

男性でも多汗症の人は受けておいて損はないでしょう。
夏には汗の匂いが気になって仕事に集中できなかったり、制汗スプレーやタオルなどに余計なお金を払わなくてはならないからです。

コスト的な面からみても、非常に効果のある治療法です。

毛周期を理解すれば、スムーズに脱毛を行うことができます。

人間の体毛には、体毛が生え変わる周期が存在します。これを毛周期と言います。定期的にむだ毛を抜いたとしても体毛が成長期にあるのならば新しい毛がすぐに生えてくることになるため、毛を処理するときには体毛の成長が活動をしている時期かどうかをきちんと確認しなくてはいけません。

毛周期は、身体の部位によって周期の長さが異なります。
例えば、腕や足に生えてくる毛は数年間かけて退行期がやってくることになるのですが、頭髪の場合には一日で退行期がやってくることも珍しくありません。毛の流れを知ることができれば、無駄な処理をせずに済むため、身体の部位によって異なる毛周期をきちんと理解しておく必要があるのです。一般的に、体毛は成長初期から成長期に入り、これが退行期になってから休止期に入るというように一つのサイクルとなっています。


当然ながら、細胞が休んでいる休止期に処理を行ってもあまり意味がないため、処理をするときには体毛の細胞が活発に動いている時期を選択しなくてはいけません。
例えば、医療脱毛として有名なレーザー脱毛などを利用するときには、体毛が最も成長している成長期と退行期に行うことになります。

なぜこのようなことをするのかというと、休止期に入っている体毛は成長期に入らないと脱毛効果があまりないことがわかっているからです。

そのため、脱毛をするときには毛周期を知ることで効率よく実現できます。